健康づくりの取組み
無料メタボ予防健診
(特定健診等)

無料メタボ予防健診(特定健診)を受けましょう

当国保組合などの医療保険者は、メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群、以下メタボ)の予防と改善を目的として、40歳から74歳の被保険者を対象に「特定健康診査・特定保健指導」を実施することが国から義務づけられています。
特定健診は、糖尿病や高血圧症、高脂血症などの生活習慣病の発症のリスクを発見することができます。毎年定期的に健診を受けて結果の変化を確認し、ご自身の健康状態を把握することで、日頃から生活習慣病を予防することを心がけましょう。

※当国保組合においては、国が示す指針に沿って「特定健診等実施計画」を定め、これに基づき特定健診・特定保健指導を実施しています。

当国保組合の特定健診(取り組み方)

当国保組合では、一部の地域を除き、支部が特定健診を主催しています。(主に集団健診を実施しています。)
支部が主催する特定健診は、国が定める特定健診の項目よりも充実した内容になっていますので、積極的に受診してください。

※支部が主催する特定健診を受けられない場合、支部によっては「特定健診受診券」を発行しています。(特定健診受診券についてはこちら

特定健診を受けられる人は

特定健診の対象者は、40歳から74歳(平成29年度は昭和17年4月1日から昭和53年3月31日生まれ)の方です。

  • ※健診を受けられる回数は、年度内1回だけです。
  • ※健診日に当国保組合の資格が無い方は受けられません。

生活習慣の改善サポートをします
(特定保健指導)

メタボは、放っておくと生活習慣病の発症につながり、また、動脈硬化を進行させ、心筋梗塞や脳梗塞になるリスクが高くなります。
特定健診の結果、生活習慣の見直しが必要なクラスに該当する方には、保健師等が改善のサポートをする特定保健指導を受けていただきます。難しいことは何もありませんので、気軽に受けてください。

特定健診・特定保健指導の費用

特定健診、特定保健指導の費用は無料です。積極的に受けてください。

※普通に受ければ特定健診は1万円程度、特定保健指導は最大で4万円程度の費用がかかりますが、多くの方に受けていただけるよう当国保組合が全額負担します。

特定健診・特定保健指導の結果データの管理

特定健診・特定保健指導の結果は、国が定めたルールに基づき健診機関から当国保組合に送付されることになっています。当国保組合において受領したデータは、個人情報保護法に従い厳重に管理します。