必要な手続き・保険料
家族が増えたとき

以下のようなときは、14日以内に所属の支部へ届け出てください。

手続きにはマイナンバーの
記入が必要です

  • ※ 手続きの際には、届出書に組合員と対象者のマイナンバーを記入していただくため、記入に必要な書類の準備をお願いします。
  • ※ マイナンバーを記入する手続きでは、法令により本人確認の実施が義務化されているため、「組合員のマイナンバーと手続きする方の身元を確認できる書類」の提示又は提出が必要です。(詳しくはこちら
このようなとき
保険証、印かんの他に必要な書類
組合員の世帯に転入し、新しく家族として加入するとき(結婚など)
  • ① 住民票謄本(新しく家族となられた方が記載されている世帯全員の住民票で、マイナンバーの記載があるもの)〔注1〕
  • ② 新しく家族となられた方がそれまで加入していた健康保険の資格喪失証明書
子供が生まれたとき
  • ① 住民票謄本(生まれたお子様が記載されている世帯全員の住民票で、マイナンバーの記載があるもの) 〔注1〕
家族が他の健康保険をやめたとき
  • ① 住民票謄本(他の健康保険をやめた方が記載されている世帯全員の住民票で、マイナンバーの記載があるもの)〔注1〕
  • ② 他の健康保険をやめた方がそれまで加入していた健康保険の資格喪失証明書
家族が生活保護を受けられなくなったとき
  • ① 住民票謄本(生活保護を廃止された方が記載されている世帯全員の住民票で、マイナンバーの記載があるもの)〔注1〕
  • ② 生活保護廃止(停止)決定通知書

〔注1〕マイナンバーの記載がない住民票謄本でも手続きすることはできますが、マイナンバーの記入が必要になることから、別途マイナンバーがわかる書類が必要になります。

注意

  • ア 手続きが遅れた場合、保険料を遡って支払っていただきます。
  • イ 保険証が当国保組合から交付されていない期間にかかった医療費は、全額自己負担していただく場合があります。
  • ウ 詳しくは、所属の支部へお問い合わせください。