必要な手続き・保険料
家族が減ったとき

以下のようなときは、14日以内に所属の支部へ届け出てください。

手続きにはマイナンバーの
記入が必要です

  • ※ 手続きの際には、届出書に組合員と対象者のマイナンバーを記入していただくため、記入に必要な書類の準備をお願いします。
  • ※ マイナンバーを記入する手続きでは、法令により本人確認の実施が義務化されているため、「組合員のマイナンバーと手続きする方の身元を確認できる書類」の提示又は提出が必要です。(詳しくはこちら
このようなとき
保険証、印かんの他に必要な書類
他の健康保険に入ったとき
  • ① 新しく加入した健康保険の保険証のコピー又は資格取得証明書
死亡したとき
  • ① 埋葬許可証、火葬許可証、死亡診断書のうち、いずれかのコピー
生活保護を受け始めたとき
  • ① 生活保護開始(変更)決定通知書
転出した家族があるとき
  • ① 省略のない住民票の除票(同じ市町村内で転出した場合は、転出した家族が記載されている転出後の住民票で、マイナンバーの記載があるもの)〔注1〕
  • ② 新しく加入した健康保険の保険証のコピー又は資格取得証明書

〔注1〕マイナンバーの記載がない住民票謄本でも手続きすることはできますが、マイナンバーの記入が必要になることから、別途マイナンバーがわかる書類が必要になります。

注意

  • ア 資格のなくなった保険証を使って病院にかかった場合、当国保組合が病院に支払った医療費の全額を返還していただきます。
  • イ 詳しくは、所属の支部へお問い合わせください。