必要な手続き・保険料
組合員がやめるとき

注意

  • ア 次に加入した健康保険の保険証のコピーを必ず提出してください。
  • イ 当国保組合をやめる場合は、保険証は必ず返却してください。
  • ウ 資格のなくなった保険証を使って病院にかかった場合、当国保組合が病院に支払った医療費の全額を返還していただきます。
  • エ 届出先は所属の支部です。手続きについて詳しくは、所属の支部へお問い合わせください。

手続きにはマイナンバーの
記入が必要です

  • ※ 手続きの際には、届出書に組合員と対象者のマイナンバーを記入していただくため、記入に必要な書類の準備をお願いします。
  • ※ マイナンバーを記入する手続きでは、法令により本人確認の実施が義務化されているため、「組合員のマイナンバーと手続きする方の身元を確認できる書類」の提示又は提出が必要です。(詳しくはこちら
このようなとき
届出期限
本人の意思でやめるとき
  • 1か月前に届出をしてください。
他の健康保険に加入したとき
  • 14日以内に届出をしてください。当国保組合の資格を喪失します。
転業又は廃業したとき
  • すみやかに届出をしてください。転業によって当国保組合が組合員の資格要件として定める業種以外の仕事に就いたとき、又は仕事を廃業したときは、当国保組合の資格を喪失します。
法人会社(株式会社等)を開設したり、法人会社の従業員になったとき
  • すみやかに届出をしてください。一人親方や個人事業所の事業主の方が法人会社を開設した場合や、法人会社の従業員になった場合は、医療保険は協会けんぽ、年金保険は厚生年金保険が適用されますので、当国保組合の資格を喪失します。
個人事業所の従業員の人数が常時5人以上になったとき
  • すみやかに届出をしてください。事業主を除く従業員の人数が常時5人以上になった場合、その事業所の従業員は、医療保険は協会けんぽ、年金保険は厚生年金保険が適用されますので、当国保組合の資格を喪失します。
当国保組合の地区外(未認可県)へ転出したとき
  • すみやかに届出をしてください。当国保組合の地区外(山形県、新潟県、長野県、岡山県、山口県、長崎県)へ転出したときは、当国保組合の資格を喪失します。
生活保護の適用を受けたとき
  • 14日以内に届出をしてください。当国保組合の資格を喪失します。
死亡したとき
  • 14日以内に届出をしてください。